Food Stylist Yamada akiko

料理撮影に関わるフードスタイリング及びシズルを全般に手掛けています。

akikoさんの日々記録

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

sweets お仕事の事

余ったお菓子でオリジナルデザートカップ

こんにちは!
フードスタイリスト フードコーディネーター山田晶子です。

撮影現場で余ったおやつを貰うこともしばしばあります。
定番なのは、歌舞伎揚げやばかうけ、カントリーマームと言った所でしょうか?

他にも差し入れがあったり、撮影商品の味見があったりと・・・美味しい物が溢れています。
撮影中は、ほとんど口にすることが無いのですがほっと一息の時間は集中力維持にもとても大切なので、少しの時間ブレイクします。

余ったおやつ、「貰って下さーい!」と言われて、もらって帰ってくることも多いです。

それらを組み合わせてオリジナルデザートを作るのが楽しいです♪

冷蔵庫にある、ヨーグルトや冷凍しておいたブルーベリーを合わせて、デザートカップを作ります。
ある物と、思いつきで。

今回のこのブルーベリー、主人の実家のお庭で育てている物で、完熟ブルーベリー採りに行った際の物です。


洗って、水気を丁寧に拭いてそのまま保存袋に入れて冷凍しました!
完熟なのでとっても甘い大粒のブルーベリーです。

こうして冷凍し置くと、大量にあっても無駄無く食べることができます。
流水で解凍すれば生のような張りは失われますが、ヨーグルトなどに混ぜ込めば美味しく頂けます。
少し手を加えて、ジャムやケーキなども出来ます。冷凍焼けする前に、早めに食べ切るのも大切です!

さて、どんどんデザートカップを作って行きましょう〜。


プリンや小さなカップケーキもプラスしました。
カップケーキなどのスポンジは切ると食べやすく、少量でもボリュームが出ます。


最後にカルシウムたっぷりのお煎餅をのせました。
このお煎餅、新潟県の柏崎市で作られているお煎餅で、少し甘くて大好きなお煎餅です。

子供の頃から大好きなお煎餅で、家の母は何か荷物を送ってくれる際に、未だに一緒に入れてくれます。
おそらく、私じゃなくて孫の為に入れてくれていると思うのですが (笑)

お気に入りのグラスで

今回、このデザートカップを盛り付けたグラス、薄ガラスで寸胴な所がとても可愛く気に入っています。

各メーカーさんから同じようなグラスが出ていますが、私の持っているのはAdiALESSI(アレッシィ)のウォーターグラスです。
最初に見た時に一目惚れして、撮影でも何度か登場させていた程使い勝手の良い物でした。

後輩スタイリストの結婚式にも偶然同じ物を頂き、数が増えた〜!と喜びました。

 

もちろん、ガラス製の容器でなくても、蕎麦猪口や漆器でも良いですね!
あんこや抹茶をのせたくなります!

カトラリーも、光沢の無いゴールドのスプーンを添えました。
余っていたおやつ達とは思えない程見栄えがしたと思いませんか?
特別なことをしなくても、少し手を加えて盛り付けるだけで見た目にも綺麗で、有意義なお茶の時間が楽しめると思います。

 

 

-sweets, お仕事の事