Food Stylist Yamada akiko

料理撮影に関わるフードスタイリング及びシズルを全般に手掛けています。

akikoさんの日々記録

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Deli お仕事の事 畑・季節の野菜

発酵いらずのフォッカッチャピザ

こんにちは!

フードスタイリスト フードコーディネーター 山田晶子です。

毎日暑いですね〜!夏は暑い物ですが、そんな暑い夏を我が家は食事からも楽しんでいます。
旬のお野菜を自分たちで育てて、美味しい状態で食卓へ!
お気に入りの器や、この季節だからこそ一層映える食器をつかい、毎日の食卓を彩っています。
毎日毎食完璧は出来ないけれど、ささやかな楽しみの1つとして丁寧にしようと心掛けています。

ストイックにならないように。

家族の笑顔や、健康は食生活も大切な1つの要因だから。

さて、我が家の菜園でも今期はピーマン、トマトが豊作です。
ちなみに、今畑では(ニラ、なす、ピーマン、満願寺唐辛子、ピーマン、トマト(中玉、小玉赤色・黄色)、きゅうり、ターツァイ、ほうれん草、水菜、ネギ、ズッキーニ、オクラ)を栽培中です。
教えて下さる園主が、沢山の種類を計画してくれるので楽しいです。
トマトは生で食べても美味しいのですが、ピーマンと共に塩とオリーブオイルでさっと炒めると一層美味しくなります。
生とは違い、風味や食感が変わるので大人はもちろん、5歳の息子も沢山食べてくれます。

 

発酵いらずのフォッカッチャピザ

季節の野菜、ハーブを使ったお手軽なピザをご紹介します。
フォッカッチャとは、イタリアでポピュラーなパンです。
それを、気軽に作れるようにアレンジしました。

材料も少ないので、手軽に作れます。
キャンプでも簡単に作れます。
ハーブは、今が美味しい時期のローズマリーです。


しそ科の植物で、香りがすっきりしていて殺菌効果や食欲促進効果のあるハーブです。
ヨーロッパでは、医療にも用いられる程で美容にも効果的です。

 

 

(具材の材料と準備 1人分)

今回は、私おすすめのピーマンとトマトをつかいます。


ピーマン 2個 (種を取って食べやすい大きさに切ります)
ミニトマト 6個 (半分に切ります)

オリーブオイル 適量
塩 適量

1,スキレット又はフライパンにオリーブオイルを熱し、切った野菜と塩でさっと炒めて完成です!

 

(生地の材料 1人分)

強力粉  100g
ベーキングパウダー    5g
水    60cc

ローズマリー 適量

ピザチーズ たっぷり!
(作り方)

1,強力粉とベーキングパウダーを混ぜます。


2,水を加えてこねます。

 

3,こんな感じになったらOK!

 

4,スキレットかフライパンに生地を押し広げてのばし、ローズマリーを散します。


5,弱火で両面8分ふたをして焼きます。
(スキレットの場合は、アルミホイルでふたをします。)

 

6,炒めておいた野菜をのせ、チーズをたっぷりかけたらそのままグリルでチーズが溶けて焼き色がつくまで焼きます。
(私は魚焼きグリルを使用しました。)

今回スキレットを使ったのは、そのままグリルに入れて焼きたかったからなのですが、お手持ちでなければフライパンでも充分作れます。チーズを溶かす時に、オーブンシート又はアルミホイルの上に生地を置き、具材をのせてグリルで焼けば出来ます!

チーズの溶けた部分と、焼けた部分の食感が絶妙です!ピザ好き!チーズ好きにはたまらないですね〜。

生地をフォッカッチャにする事で、風味が増して最後まで美味しく頂けます。


見た目も鮮やかな色みで、今年の暑い夏ものりきれそうです!


24節気の記事を書きました。

(株)hueが運営している「SIZZLE BLOG」に立秋の記事を書き、レシピを作成しました。

 

 

 

 

 

-Deli, お仕事の事, 畑・季節の野菜