Food Stylist Yamada akiko

料理撮影に関わるフードスタイリング及びシズルを全般に手掛けています。

akikoさんの日々記録

2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

お仕事の事

家庭画報ショッピングサロンと器の事

こんにちは!
フードコーディネーター フードスタイリスト 山田晶子です。

家庭画報ショッピングサロンでフードコーディネートを致しました。
サロンで取り扱う器に、季節を感じるお料理を考え盛り付けます。

商品である器が際立つように、お客様が使うシーンをより想像しやすいようにセッティングします。

漆器の器は、熱い物をのせても大丈夫!という特徴があります。
熱い汁物や、焼きたてのお魚を乗せても器に影響しません。
それどころか、漆器の品と相まってお料理が一層引き立ちます。
漆器は日常の食卓に取り入れていきたい食器の1つだと思います。
汁碗やお箸に漆器を取り入れている方も多いと思います。

食洗機や乾燥機はタブーですが、柔らかい布で洗い、きちんと乾燥させる事により長持ちし愛着もわきます。

 

漆器のある食卓、素敵ですよね?
日常だからこそ、丁寧に過ごしたいものです。

 

家庭画報ショッピングセレクションでは、織部の器も取り揃えています。
織部の好きな方は意外に多く、私もその内の1人です。
深い緑が印象的な織部ですが、お料理との相性もぴったりです。
少し淡い色のお料理やデザートを盛ると、深い緑がお料理の印象をぐっと引き締めてくれます。
また、器の印象も一層素敵になります。相乗効果で、お料理やデザートとの相性が良いと思います。

 

 

織部は器の印象からほっこりとしたイメージが伝わる為、秋冬の食卓に特に向いているなぁ〜と思います。
お洋服にも衣替えがあるように、器も季節によって使い分けたり組み合わせると食卓にも季節を取り入れやすいのでは?と思います。
毎日の食卓だからこそ、丁寧な設えといつもと違う器を出して来て変化を付けると、食卓が華やかになって良いなーと思います。

 

これは、私の私物の食器の一部ですが秋冬でもお料理やデザートによってはガラス製の食器を使ったりします。
ガラス製の物は、少しレトロな雰囲気のある物や色が入っている物など様々ですが、少しほっこりした雰囲気の木製の器や、作家物の器など様々な食器を食卓に並べます。
それぞれは違うけれど組み合わせると素敵なテーブルコーディネートになります。

ランチョンマットやトレー、テーブルクロスをしいて食卓の準備をすれば食卓が大変身します。
特別な事は特にしなくても雰囲気は演出出来ます。

何気ない毎日に少しの変化をプラスして、楽しい食卓の準備をしてはいかがでしょうか?
スタイリングやフードコーディネートを通して、皆様に真似してもらえるような食卓やお料理の提案をHPや媒体を通して今後もしていきたいと思っています。

毎日を自分のペースで、丁寧に過ごす を心掛ける事で変化していきます。

-お仕事の事